昭和57年10月 165系撮っていたら101系に被られた

房総急行はマーク付きで狙いに行ったらダイヤ改正を前に大多数が外されてましたが気を取り直して撮っていたらこの有り様。当時は、あーっとか文句言ってたけど今見ればこんな被りも悪くは無いかと思う次第です。

S5710_KOIWA_IMAGE4-02.jpg
スポンサーサイト



165系快速「フェアーウェイ」 2001年4月

リバイバルはつかりを見送った赤羽駅で少し待つとやって来たので、撮影。なんと、この日は9両編成でした。原型デカライトは減光されたこの感じが見た目は良いですね。ただし、車のヘッドライトでHIDやLEDに慣れた今の目線では暗くて堪らないだろうとも思います。


飯田線を往く165系急行「こまがね」?

クハ165が2両続くのは松本運転所の編成の特徴なのでたぶん「こまがね」かと。場所は確か田切の鉄橋ですが連れて行って貰ったのでちゃんと覚えておりません。当時は流電こそいないものの戦前型旧国が健在なので165系は惰性で撮ってました。
昭和57年のGWでした。

S5704_IMAGE5-04.jpg

新津で165系 昭和62年3月

国鉄が国鉄であるうちに新潟方面に行ってました。まだ、急行佐渡やアルプスが消えた記憶も新しいうちなので短編成の姿に都落ちという言葉が浮かびました。

S6203_IMAG0063.jpg

165系が急行に使われていた頃(昭和62年3月)

新津駅で目撃、312Mは急行「とがくし」だと思ったのですが、当時の時刻表がなく答え合わせ出来ないのでタイトルには列車名は入れていません。

IMAG0060.jpg

子供の頃から慣れ親しんだ165系は「アルプス」だったので、グリーン車2両、非営業とはいえビュッフェを連結した編成がデフォでしたため、その後の普通車ばかりの編成を見ても萌えず凋落ぶりに落胆しつつ惰性で撮ってました。
もっとも、「とがくし」はもともとオール普通車なのでとばっちりなのですが。もう一度165系169系で旅をしてみたいと思う今日この頃。