秩父で蒸気撮影-5

下り普通電車と武川駅で交換のため、すぐにパレオエクスプレス登場。しかしながら、真ん中の線路を走ってくると勘違いしていたため少し窮屈なアングルになりました。

DSC_1902_20220102_155759.jpg


とはいえ、側面に夕日を反射させた姿はとてもきれい。
これにて撮影は終了。後続の急行に乗るべく駅に戻る。
スポンサーサイト



秩父で蒸気撮影-4

三峰口でパレオエクスプレスを見送っても後続の普通電車に乗れば長瀞で追いつけるのでもう一度撮影チャンスはあるのでまずは腹ごしらえと立ち食いそば店に向かうと閉店時間とのこと。なので、諦めて14:30発の普通電車に乗りこむ。

DSC05874.jpg
構内には西武電車が佇んでいた。
DSC05877.jpg

車内は空いていると思いきや、発車少し前に三峰神社からのバスが到着し乗り継ぎ客でほぼ満席に。自分が子供の時は、廃止になったロープウエイで神社に行った覚えがあるが、今はバスが直通しているのか。
三峰神社の初詣の人たちはお花畑で西武線乗り換えと思っていたらほとんど下りず電車は混んだまま。身動きができないのでいつしか眠りに落ちて長瀞では体が動かず。眠気の為に寄居でも降りる気になれず、武川で下車。ここでパレオエクスプレスを撮っても後続の急行に乗れるのである。武川駅は貨物線の分岐駅でお正月のため電気機関車が数両休養しているのが見えた。

DSC05888.jpg

駅の熊谷方の踏切付近で待っていると、武川駅でパレオエクスプレスと交換する下り普通電車がやって来た。

DSC05885.jpg

秩父で蒸気撮影-3

武州日野で待っていると上り列車が到着、撮影していた数名が乗りこむのが見えた。上りを撮るならば三峰口に行かずに動いた方が効率は良さそうだが、空席があれば乗る機会もありそうなので下り列車を待ち乗車。朝に買ったおにぎり以外は何も食べていないのですきっ腹がきつい。三峰口に着くと、C58がまさに転車台に乗るところ、駅に立ち食いそば屋があるのは見えるがまずは方転優先、改札口には上りのパレオエクスプレス発券と思われる集団が列を作っていたので乗車は諦めるしかなさそう。
方向転換から入換、列車への連結を眺めていると発車まであまり時間がなさそうなので、駅横の駐車場付近から出発を見送ることにした。

さすがに山の中の終着駅、汽笛が見事に山々に木霊すのを聞けて本日最大の目的が果たせた気がしました。しかし、後続の電車に乗れば再度長瀞で追いつくので、撮影は続きます。なお、今回見掛て横サボに秩父鉄道の本気度がうかがえます。

DSC05847.jpg

秩父で蒸気撮影-2

後続の電車は元都営地下鉄三田線の車両たった。待っている間に長瀞駅方向から汽笛が聞こえてきた。山峡ゆえに汽笛が木霊する。
後続電車は秩父駅でパレオエクスプレスに先行、次の御花畑駅で出発を撮ることも考えたがギャラリーが多いので更に先行。車窓をチェックしながら武州日野駅で下車。今度は駅から離れた場所で待機する。が駅の前後は勾配がキツイらしく遥か向こうからドラフト音が聞こえてきた。

DSC_1848_20220102_123849.jpg


通過後駅に戻ると次の下りは約40分後。近くにコンビニも無さそうなので缶スープで空腹をしのぐ。

秩父で蒸気撮影-1

久々に冬に蒸気機関車が走るので、是非にもと昨日は秩父鉄道に行ってました。
この時期は高速道路の渋滞状況が読めないので、電車移動をチョイス。上野東京ラインのお陰で直通で行けるのは何かと便利だし、電車ならば飲み鉄も可能。
しかしながら。予定していた電車に乗る目論見はもろくも崩れ去り、40分ほど遅い電車に乗車と相成る。相模貨物駅では年末年始で休眠中のDE11 2003を横目に眺め、川崎付近では箱根駅伝を追っ掛けている取材ヘリを目撃しながら大宮駅到着。このままでも秩父鉄道との乗換駅熊谷には着けるが接続の都合で新幹線に一駅だけ課金して13分に時短。高架からの眺めはよく雪を被った日光の山々や赤城山が見えました。浅間山は右側席なので確認できず。
熊谷駅からは10:28の電車に乗換。発車直前に先ほど大宮まで乗ってきた電車が到着するのが見えた。
乗ったのは元東急の8090系で懐かしいモーター音を聞きながら寄居に着くと先行していたパレオエクスプレスを追い越しました。この先、あちらは長瀞駅にも長く停まるので一駅手前の野上駅で下車。駅の秩父方に踏切が見えたのでそこで撮ることにした。駅通過後に加速のための煙に期待したのだからあてが外れたことが後で分かる。
暫くして、遠方に煙が立ち昇るのを目撃してスタンバイ、目の前を煙を出さずに通過していった。

DSC_1830_20220102_112020.jpg


後ろ姿を撮るため振り返ると煙を上げているのが見えた。よく駅の構造を見直すと踏切の先にポイントがありそこまでは速度制限がかかっていたのであった。
とはいえ、パレオエクスプレスのいいところは電車での追っかけが可能なこと。急いで駅に戻るが次の電車の時刻を思い違いしており長瀞での追い抜きは不可能と判明。秩父で追いつくので気を取り直してプランを再考する。