【修学旅行】京阪三条駅の夜景

京都市電が全廃されたのは昭和53年9月30日、自分たちの京都修学旅行は翌月10月のため市内を廻る観光バスから見えたのは至る所で線路の撤去工事の風景だった。
そのため、楽しい修学旅行の記憶とともに線路を剥がされる寂しさを味わいつつ、夕方に京阪三条駅の近くにある宿に到着すると、宿の前の路面に線路が敷設されていて大変驚いた。
この当時は、京阪京津線が路面電車とは知らなかったため、これは予想外。
夜に宿の廊下の窓からは京阪三条駅を見下ろす立地で、元クラスメイトだった隣のクラスの子が三脚をセットしているのが見えたので聞いたら京津線をバルブ撮影するとのこと。
親切にも三脚とレリーズを貸してくれたので1枚だけ撮ったのがこの画像。
プリントをスマートフォンで写したので粗があるのはご容赦ください。
20221101151321943.jpg


余談ですが、ブルートレイン手帳なるものが出てきて、京阪三条駅の入場券が出てきました。

202211011517156bb.jpg


44年前の軟券が印刷が消えず残っているのは、手帳に挟まっていたとはいえラッキーでした。
スポンサーサイト



岡山県倉敷市マンホールカード

先日の旅行の際に、水島臨海鉄道で記念切符を買ったらおまけで頂きました。

2022082401161958c.jpg


当日は貨物列車も動いていたのですがタイミング悪くて見ただけで終わりました。水島〜三菱自工前の一駅を乗り残したこともあり再訪必須となりました。

「ひのとり」回送列車

12200系の休車編成を見てから線路沿いを歩いていくとひのとり編成が回送されてきましたので撮影。こののちに、近鉄名古屋駅に行って入線風景をいていたら、来る人来る人皆さん撮影していてすごい人気。利用者へのイメージ戦略が巧く浸透しているのでしょう。

P1310677_20211226_151734.jpg

ご隠居の日向ぼっこ

ここにおわすとは。

20211226155417063.jpg


新幹線からチラ見えしたので、名古屋駅から歩いて見てきました。帰りは近鉄米野駅から電車にしましたが。

DMH17サウンドの誘惑

昨日の出張は集合時間前に駅近くの踏切で撮るのが精一杯、急ぎ報告書作るため用事終了後はとんぼ返りでした。
五井駅ホームに行くと小湊線の列車がアイドリングしながら待機中。JRでは聞けなくなったDMH17エンジンの音の誘惑が半端なかったです。

202104081450537be.jpg


調べるとキハ20ベースのオリジナル仕様だそうです。キハ40が近々運転開始予定で、となると初期車辺りから引退となるのでしょうか。