自転車を持って北海道旅2

森駅では小休止する時間があったものの名物イカめしは買えなかったのか、満腹だったのかありつけず、キハ183系の特急北斗13号に乗込む。この旅では何故か録音鉄の用意をしており、青函トンネルのはつかりに引き続き、長万部〜伊達紋別でトンネル区間を高速走行する様子を録音した。キハ183-500番台はキハ181同様にDML30系列のエンジンを搭載するので楽しみにしていた。苫小牧駅で下車、駅近くのビジネスホテルに投宿。
翌日は日高本線を目指すので早起きだ。

そして6時前の列車で出発。まずは静内駅まで行き、自転車を組み立てると桜の名所三十六間道路に向かった。静内からおよそ9km来たものの桜にはまた早かった。函館あたりはちょうど良い感じなので期待していたものの敢え無く撃沈。なおここ静内は競走馬の故郷でもあるが、悲しいかなその価値が分からないため素通りするのみ。意気消沈して戻るが静内駅には戻らずに様似寄りの駅を目指す事にしたが、道がよく分からずしかも国道を走っても楽しくないので東静内駅で挫折。
あとはやってきた気動車で終点様似を目指す。襟裳岬はこの先だが、気力を使い果たしたので、折返しの列車で苫小牧まで戻る。途中、海の凄く近くを通る箇所もあり、高波が来れば影響を受けやすい事情が垣間見えたのだった。苫小牧に着いたらすでに夕方で千歳線の特急に乗り継ぎ、この日は札幌に宿泊した。
スポンサーサイト



自転車持って北海道旅1997年4月

この頃は自転車を輪行して旅行するのがマイブームで、ゴールデンウィークの前半にサクッと旅行に行ってしまえと思いたつと、そそくさと荷物を詰め込み最寄り駅に向かった。
行き先は道南メインだが日高本線にも行きたかったので、道南ワイド周遊券(日高本線は範囲外)ではなく、北海道向けにテスト販売されたばかりのゾーン周遊きっぷというのを購入することにした。
しかしながら、このきっぷを売るのは初めてらしくて、発券に手こずってるようでなかなか出てこない。その間みどりの窓口に来る客はおらず日曜の夜であったことに感謝した。
そんなわけで、上野駅から臨時八甲田に乗ることは諦めて、東北新幹線で小山まで先回りすることにして、臨時八甲田は寝台車が連結されているので、寝台に乗ることとした。
上野では入線から見るつもりで早めに出てきておいて良かった。まあ、長距離移動のきっぷを出発時点で買うやつもどうかとは思うが、この時は本当に思い付きの旅行だったようだ。
とにかく、横須賀線の上り列車に飛び乗り、東京からは最終の「なすの」で小山まで移動。小山では少し時間があり、水戸線の415系の入換風景を眺めている内に旅行気分が高まってきた。
やってきた「八甲田」は14系座席車と寝台車の混成編成。3段B寝台の指定された席にに向かうとこの区画は無人、おそらく次の宇都宮からも乗ってこないだろうし、そもそも乗った車両は5-6人程度の乗りだった。
宇都宮を出ると快調なペースで走り次の黒磯では機関車交替のはずであるが、寝台は編成の後方なので見に行くのは端折ってしまう。
今回は自転車旅行なので撮影機材は軽くするためコンパクトカメラのみ(一眼レフだと壊すリスクもある)で、夜の撮影はパスと考えていた。とはいうものの、相棒のキヤノンAutoboyLUNAは結構活躍してくれた。
黒磯を出たところで就寝、しかしながら白石付近で激しい揺れて目が覚めてしまった。しばらく起きていたら、仙台駅2番線に到着。時刻は午前3時頃で、少ししたら隣の1番線に後続の特急はくつるが到着して先発した。2番線に到着は退避のためかと合点がいった。再び寝落ちして次に目覚めたときは八戸付近。
野辺地に停まると、営業休止間近の南部縦貫鉄道に向かうらしき人たちを多数見かけた。
そして、9時すぎの青森に到着。
青森からは、盛岡から来た特急はつかり1号で函館を目指す。リニューアル編成の485系3000番台と言えど、走行音はオリジナルのままなので青函トンネルの高速走行を堪能して函館へ。ここですぐに特急北斗に乗り継いで大沼公園で下車。
ここで、ようやく自転車の登場。ここに来た理由は、2年前に結構いい感じのダート路が赤井川付近にあったから。愛車はもちろんMTB,10年ほど前は砂利道で前転ゴケして痛い思いをしたので2年前に東大沼温泉まで走ってリベンジ。以来、ダートが好きになってしまったのであった。3-4kmほどのダート路を堪能して、途中で北斗も撮り鉄をしながら森駅に到着。自転車をりんこうぶに収納すると先を目指すためホームに入った。

373系「ムーンライトながら」乗車記 1997年秋

巷では「ムーンライトながら」の廃止が話題となっているが、自分の場合はたしか24年前に乗ったのが最後の乗車体験(厳密には2000年頃の春に救済便の品川〜横浜があるが、帰宅のためで、この列車本来の使い方ではないので割愛)を綴ってみたいと思う。
乗車日は曖昧だが、1987/10/11で廃止になる京阪京津線訪問のためなので、この年の9月か10月のはず。高校、大学以来の鉄友とのお別れ乗車の旅である。
出発は金曜日の夜で友人は品川から自分は横浜から乗車予定でムーンライトながらの指定席を予約した。さほど混まない時期ではあるが、名古屋迄の指定席は取れず小田原から自由席となる車両の席となった。とはいえ、座ってれば良いので名古屋迄座席が確保できたのと同義である。
出発当日は結構遅くまで残業があり、家ではシャワーを浴びるだけでほぼ時間切れ。最寄り駅まで行って夕食代わりの牛丼(なんと神戸ランプ亭!)と駅コンビニでビール、トリスポケット瓶、氷など仕入れて横浜駅に向かう。
ほどなくして「ながら」が入線してきたので乗込む車内には友人と思しき黒い顔も見えた(と思った)。しかし、指定された席に行くと何故か友人は見当たらないが、トイレでも行ったのだろう。まずは空腹を満たすために牛丼を食べ始めた。。ところが食べ終わる頃になっても友人は戻って来ず、列車は茅ヶ崎を通過中。と、ここで電話が鳴ったので出ると、「品川駅で乗り遅れたー」との第一声。ええっ、こっちも上りの終電終わって戻れないけど、などとやり取りをして、結局は朝の新幹線で追いかけてくるので名古屋で合流と決めて電話を切れば平塚通過中だった。しかし、先ほど横浜で見た人物は一体?他人の空似だったのかなあ。
この時点で乗った車両は概ね半分位の乗り具合、夜も更けてきたので車内は静まり返っていた。そして小田原到着。覚悟はしていたけど、ここでワラワラと乗り込んで来て席は9割方埋まった。友人が座るはずだった隣席も乗り鉄風青年が来た。でも、ウイスキーのポケット瓶なんぞ持ってるヤツの横なんかによく座るなあと別の意味で感心した。自分の経験では、呑んべオジサンは長々と説教を垂れるリスクがあるのでそこに空席あっても行かないのだが。
とにかく、小田原組で静寂が破られたので目が冴えてしまった。新たな隣人は話しかけたい雰囲気ではないので(そもそもこちらも来るなよオーラ出していたのもあるが)諦めて眠りに入るがなんか眠れない。
わりと長時間止まる浜松駅でトイレに向かうとそこそこに席が空いていることに気がつく。小田原からの隣人は熟睡しているふうでちょっと苛つくこともあり(寝相がわるい)、何もこんな狭いところにいる必要はないと判断して引越しを決定。はじめは車端部のボックス席にしたがドアが空いていると薄ら寒いので別の席を見つけてお引越し。この後はわりと熟睡して、気がつくと名古屋間近だった。
乗っている車両は名古屋止まりなので、降り支度をして到着するやいなやホームに降りた。朝の爽やかな空気と開放感でとても気持ちが良かった。。
そんなこんなで、ながらには凝りてしまい以降は銀河を使うようになった。とはいえ友人とすれ違いにならなければまた印象は変わっていたかもしれない。
さて名古屋では2時間ほどあるので名鉄の支線に乗るべく新名古屋駅(当時の名称)に向かった。このタイミングで無事朝イチの新幹線に間に合った友人から電話があり、「今どこ」と聞かれると同時にミュージックホーンが鳴り響き、「あー分かった」との返答があって思わず笑ってしまった。この後は名鉄津島線を乗り潰して名古屋に戻り無事に合流、廃止間近の京津線を巡ることが出来た。

1980年代後半 北海道の夜行列車体験 再び臨時すずらん

札幌の味を堪能した後は友人の寮のゲストルームに泊めてもらえるとのことで、苫小牧に移動。まずは711系の千歳行終電に乗り、千歳からは臨時急行の夜行すずらんに乗り換える。30分程で降りるので、席には座らずデッキで過ごす。苫小牧の寮に着いたときには1時近かった。
翌日はレンタカーでドライブとなり洞爺湖を目指す。上野から行動をともにしていた友人は翌日東京で用事があるとかで洞爺駅で見送り。やって来た臨時北斗はキハ82の4両編成だった。見送り後は残った二人で支笏湖を周り苫小牧に戻った。夕食の後に寮に戻る友人と別れ、自分は札幌に移動。やって来た列車は先ほどのキハ82の折返し列車だった。
北海道のキハ82最後の活躍を堪能し(この時点では臨時運行のみ)、日が長い季節ゆえにこの旅では初めてこの辺りの景色を眺めながら札幌着。駅前のビジネスホテルに宿泊。
翌日は札幌市内をまわったり、お土産屋を覗いたりして時間を潰し、夜の札幌駅から函館行の臨時すずらんに乗車した。
列車はほぼ満席だったがたまたま自分の横は空いていたので、気兼ねなく初日の傷の手当(毎日絆創膏の交換が必要だったので)をしていたら、空席を探していた風の学生位の女性と目があったが、そのままスルーされてしまった。まあ治りきってない傷を見てしまったら普通はちょっと嫌だよなあ。
かのしは隣の車両に行って戻ってこないので多分空席を見つけたのだろう。結局隣席は函館まで空いたままだった。このれの記憶はこれぐらいしか無く、早朝の函館で下車後はすぐの連絡船に乗継。
青森からは臨時の583系はつかりに乗ることが出来て、どちらかというとこちらの印象が強い。もりおかからはやまびこに乗り継ぎ夕方に上野到着。7泊8日の旅行が終わった。
この時の旅行で北海道が病みつきとなり、結局のところ翌年と翌々年と今度は非鉄の友人と出かけ3年連続で北海道に行くとは思いもよらなかった。この時も夜行列車は利用したが非鉄の同行者ゆえ(鉄分抑え気味に行動するので)に記憶が希薄であり、思い出せたら綴ってみたいと思う。

1980年代後半 北海道の夜行列車体験 大雪

1987年8月の旅行のつづきから。
札幌では無事にオホーツクの席を確保して車窓を堪能(したはず)。網走からはレンタカーに乗換えて知床を目指す。車はEP71スターレット廉価グレードの4MTか3AT、とはいえこれが良く走るやつで、2日間の良き相棒となってくれた。まずはウトロの知床五湖やカムイワッカ滝をめぐり、何故か土砂降りの知床峠を超えて羅臼へ。本来ならこの辺で泊まりたいところだが宿を見つけそびれ延々と中標津まで来てしまった。ここで一泊千円のライダー向け宿を見つけ就寝。
翌朝は大部屋雑魚寝ゆえに早く目覚めて、風蓮湖、根室標津駅跡、阿寒湖と摩周湖に周り屈斜路湖から美幌峠を越えて網走に戻った。
途中の美幌駅近くでは廃線になった国鉄相生線らしき痕跡を見つけたのにスルーしてしまったのは、惜しい限り。
網走からは夜行急行「大雪」て札幌を目指す。海鮮たっぷりの夕食を済ませ駅に向かうと、列車は既に入線して発電エンジンの音を響かせていた。始発駅なので難なく座席を確保し14系の旅を満喫とおもいきや、あのバッタンコ。シートなのでうつらうつらして夜を過ごす。それても、遠軽の方向転換とかに気づかなかったのである程度は寝たのかとおもうが、旭川辺りから近くの席の男女の喋りがうるさくて目が冴えてしまった。どうやら同じ関西からの旅行者で意気投合して盛り上がっているみたいだが会話の内容が丸聞こえ、おまけに北海道の朝は夜明けが早くカーテンの開いている窓かが眩しくて眠れなくなってしまった。
そんな状態でも平然と寝ている人も居たので、自分が神経質なだけかとも思ったが、どんな状況下でも眠れそうな友人が後で悪態をついていたので、あのお喋りはかなり煩かったと追われる。
そんなこんなで札幌に着いた時は開放感半端なかった。711系の普通列車に乗継小樽を目指すが、半分くらい寝ていた。
小樽では、鉄道好きらしく手宮の鉄道記念館を目指す。老兵たちの姿を拝んだあとは、札幌に戻り、就職で北海道に来ていた私の中学時代の同級生と合流。同年代3人で札幌ビール園を堪能した。