昔の鉄道誌

昔の記事を読みたくなって本棚を捜索。鉄道ファン1979年7月号です。

20240410234253479.jpg


特集記事は寝台列車。このくらいの時期は各誌で年一回は夜行列車を取り上げていた様な。
実はこの扉写真のような後方から機関車を撮るアングルにあこがれてました。
が、三脚を持ち歩かない、暗すぎて当時のカメラでは難しい、そもそも限られたチャンスならば正面から写したい、などの理由で現役の時は撮れず仕舞でした。

20240410234543c1b.jpg


今のカメラなら携帯ですら撮影可能ですが、今は被写体が無い(やはり先頭は機関車でないと)有り様。(185系やE231系で撮ったことはある)

202404102350162a3.jpg


時事的な内容では、急行八甲田が12系化とか、ブルートレインのテールマークが絵入になるとか、そういう時期の本でした。
特集の方は、寝台特急25往復、急行は20系を使う9往復と記載があり、この1/4でも良いから残っていてくれたらなあと慨嘆する45年後でした。買った当時はまだ見ぬ寝台列車の数々を楽しみに空想していたのに落差大きい。

余談ですが、この表紙の大阪市10系電車は、7年後に社会人になって研修で一月ほど大阪に滞在して毎日の様に乗ることになるとは、この時は想像すらできませんでした。
スポンサーサイト



桜に彩られた駅

こちらは、特急停車駅の大歩危駅の様子ですが、通過駅の多くで桜が植えられていて良い感じに見頃を迎えておりました。

202404031825431d3.jpg


今年は無理だけど、桜咲く山間の駅と列車の景色を撮りたいと思いました。

勘弁してくれ

新幹線乗ったら外人観光客に荷棚を占拠されて荷物が置けません。こっちも業務旅行なので、荷物多いのじゃ。
JRさんそろそろ荷物車作ってくれません?荷物置き場と人数が明らかに釣り合ってないわ。
あるいは航空機みたいな手荷物サービスの普及ですね。外人さん巨大荷物を多数持ち歩かなくて済むようにしてほしいわ。乗ってから席に辿り着くのに数分掛かるとか、おかしすぎ。
このあとの予定がなければ、空いているこだまにしたいところ、仕方なくひかりに乗ったらこの有り様。

特急南風

期待を裏切らない熱い走りで四国山地超えの最中です。吉野川沿いの国道を往くトラックをスイスイと追い抜いていくのも令和の特急ならではですね。山間の小駅はたいてい桜が植えられていて降りて撮影したくなる様なところを何箇所も見掛けました。

風光明媚

5年前になってしまいましたが、大糸線の沿線で見た景色です。

DSC_9950_20190504_113636.jpg

しかしながら、如何せん撮りたい車両が来ないとの悩みが・・・。
44年前なら旧国が居たし、それ以降も165系、183系、115系等走っていたのに行かず仕舞い、車が案くても駅間距離の短い大糸線南部であれば電車と徒歩で十分移動できたはずなのに・・・。